過敏性腸症候群 治し方

MENU

過敏性腸症候群の治し方!

過敏性腸症候群を治すために、乳酸菌を摂取し腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを変えれば症状改善に繋がることがわかっています。ただし、それ以外にも乱れた自律神経を整えたり、ストレスの解消なども必要です。自分自身にどんな解決法が必要かを理解し対処すればきっと治すことができます。

 

当サイトは過敏性腸症候群の中でも下痢やおならなどの症状を改善したい方におすすめの乳酸菌サプリを紹介しています。実際に乳酸菌を摂取し続けた方の中に下痢やおならなどが収まった例もあります。どうぞ参考にしてください。

 

乳酸菌サプリランキング

ヘルスエイド ビフィーナSの特徴

ヘルスエイド ビフィーナSは、腸内フローラを良好に保ち腸内の健康を守ることが認められたビフィズス菌サプリメントになります。様々な病気、症状などの原因となる腸内フローラの乱れを整えるビフィズス菌をたっぷり配合。その効果は科学的に証明され機能性表示食品としても認められています。

価格 2980円
評価 評価5
備考 機能性表示食品認定

 

乳酸菌革命の特徴

乳酸菌革命は、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌という乳酸菌の3大菌をたっぷり配合したサプリメントです。添加物を使わず作られた製品のため、安心・安全に飲用できます。過敏性腸症候群の原因の悪玉菌優勢を善玉菌優勢へと変え、腸内環境を健康な状態へしっかり整えます。

価格 2730円
評価 評価4
備考 3大乳酸菌しっかり配合!

 

善玉菌のチカラの特徴

善玉菌のチカラは、フジッコのカスピ海ヨーグルトでもおなじみの乳酸菌を配合したサプリメントです。カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリスFC株という菌が腸内の環境を整え、老廃物などをしっかり排出します。また、1日分あたり0.71kcalと低カロリーなのも女性に嬉しいポイントですね。

価格 1806円
評価 評価4
備考 フジッコの乳酸菌

 

ライオン ラクトフェリン+ラブレの特徴

ライオン ラクトフェリン+ラブレは、名前の通りラクトフェリンとラブレを配合したサプリメントです。1日分に180億個ものラブレ菌と健康成分ラクトフェリン300mgを含有し、腸内のバランスを整えてくれます。当サイトから今ならお試し価格の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価3
備考 ラブレ菌とラクトフェリンのコラボ!

 

過敏性腸症候群になりやすい体質

 

下痢や便秘は、誰でもなる可能性がある症状です。しかし、それらが頻発する過敏性腸症候群には、なりやすいタイプがあります。

 

性格的な問題が関係していることもあるので、過敏性腸症候群の人は少しずつ性格も改革していくといいかもしれません。

 

ここでは、性格的な面から過敏性腸症候群になりやすいタイプを探ってみます。

 

性格の傾向

 

ある調査によると、過敏性腸症候群の人の60%以上が何か行動を起こすときにあらかじめじっくりと考える傾向があると答えています。

 

また、それだけ時間をかけて思考するだけに、スケジュール通りに事が運ばないと不安になるという人が70%を超えています。

 

さらに、人前に出るのが得意でないという人も多いようです。人前で何か喋らなければならないような機会を苦に感じる人は50%ほど、スピーチなどをする自信がないという人に至っては70%もいます。

 

このような人は、日頃からリラックスしにくい性質でもあるようです。ストレスに弱いと答えている人が半数、普段の健康管理にも自信を持てないという人も同じ割合で存在しています。

 

ストレスは過敏性腸症候群の大きな原因となりやすいため気をつけたいところですが、生活習慣の乱れも影響が大きいため、改善のためには基本的な生活リズムの見直しやストレスの解消方法に重きを置きたいところです。

 

体格は関係するか

 

過敏性腸症候群というと、一見痩せ型で神経質そうに見える人というイメージを持たれがちです。しかし実際には、体格の影響はほとんどありません。

 

周囲の人も、体格が大きいから神経が太いなどというような無神経な言葉をかけたりしないように気をつけてあげる必要がありそうです。

 

過敏性腸症候群の主な症状

 

過敏性腸症候群は、慢性的に下痢や便秘を繰り返している人に疑える病気です。IBSとも呼ばれており、現代の日本人には患者数が非常に増えています。

 

一般的に多いのが下痢や便秘の症状を訴えるタイプですが、それらの症状が出ないタイプの過敏性腸症候群もあるので注意が必要です。

 

ストレスを受けやすい、不安を感じやすいといった性質の人がかかりやすいという傾向もあるため、心当たりがある人は病院で相談してみることをおすすめします。ここでは、過敏性腸症候群の主な症状についてお話しましょう。

 

移動中の異常

 

移動中に、突然トイレに駆け込みたくなるような症状が出る人は下痢型の過敏性腸症候群に多いです。
通勤途中の電車や運転中の車の中で、通学中に、あるいは旅行中に腸内の異常な動きを感じることが多い人は要注意です。

 

これらの症状がなぜ移動中に起こりやすいのかといえば、外出したことでストレスにさらされて緊張してしまう原因が考えられます。

 

毎日通いなれているように思える通勤・通学路でも、神経が細い人にとっては些細なことでストレスを感じてしまうことがあります。そんなとき、腸が敏感に反応して症状が出てくるのです。

 

イベントでの異常

 

何か普段とは違う特別な用事を迎えたとき、症状が出る人もいます。やはり格別の緊張が強いられるからで、試験や会議、発表、スピーチなど、そのシーンは様々です。

 

過敏性腸症候群を治療することも大事ですが、こうしたシーンに少しずつ慣れていくようにすることも治療のひとつといえるのかもしれません。

 

必要なことを緊張するからと避けてばかりいては、いつまでも緊張することが生活の中に残ってしまいます。
何事にもリラックスして挑めるような精神状態を身につけられれば、過敏性腸症候群とも決別することができるでしょう。

更新履歴